CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

渋谷区の施設「景丘の家」にて
山下健一郎先生のワークショップを開催!

これやんに参加するアーティスト、山下健一郎先生によるワークショップが渋谷にある「景丘の家」にて2020年9月6日(日)開催されました。景丘の家は“こどもと食”をテーマにしたこども食堂をはじめ、料理・芸術・音楽など多彩なプログラムを用意した渋谷区の施設で、定期的にアートスクールも開催されています。ここではその模様を簡単にお伝えします。

ワークショップが行われたのは、景丘の家の2Fにある「こどもテーブル」で、見晴らしの良い大きな窓をしつらえた清潔感漂う空間。
山下先生はさまざまな形態のワークショップを開催していますが、今回は山下先生の作品でも馴染みのあるマトリョーシカを、親子で絵付けするという内容でした。
実は今回のワークショップ、コロナの影響で幾度か延期されていましたが、蓋を開けてみれば満席。
参加者の各テーブルにはまだ白木の状態親子の3つのマトリョーシカ、電熱ペン、絵具が置かれていました。

山下先生がワークショップで大切にしていることは「図案を自ら考えること」。
前日にスケッチを描いてきた親子さんから、まだ何を作ろうか決めかねている親子さんまで、冒頭のアイディア出し/下書きの段階で、それぞれのアイディアを聞き、それをどうやって絵にしていけば良いのか、丁寧にアドバイスをする山下先生の姿が印象に残りました。
このワークショップは白木のマトリョーシカに下書きをして、電熱ペンで縁取り、そして色入れと作業量はかなり多いですが、ご参加のみなさんの集中力にも助けられ、予定通りの3時間で無事に作品が完成しました。
今後も景丘の家のアートスクールに、これやんに参加するアーティストが登場する予定ですので、ご注目ください。

よみもの一覧