CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

とりかへばや(猿、虎)

池田千鶴

作品概要

制作年
2019年
使用素材
サイズ
300mm(幅)×250mm(高さ)×310mm(奥行き)/虎
300mm(幅)×490mm(高さ)×430mm(奥行き)/猿
特筆事項
虎は別売り可(¥95,000円/税抜)、猿と身体はセットでの販売(¥215,000円/税抜)になります。虎と猿のセットでご購入いただいた場合は設置についてご相談させてください。
販売価格¥310,000(+税)

倉本美津留のこれやんコメント

「二紀展」奨励賞の受賞経験を持つ現代美術家の池田さん。もともとは彫刻作家として活躍し、現在は陶芸家へと転身され、新たな道を歩みはじめた池田さんに「SICF20」の展示作品をお持ちいただきました。ポップに見えつつも普通ではあり得ない色使いや造形、顔を積み上げるという発想など、可愛らしくも現代アートとしての実験性を巧みにブレンドした作品です。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:もともとは彫刻をやっていたそうですが、陶芸へと転向した理由は何でしたか?

池田:大学で人体をデフォルメした彫刻を作っていたのですが、自分自身も伸び悩んでいて、迷いもあったので、幅を広げたいと思って陶芸をはじめました。やってみると陶芸は素材が強いというか……彫刻は自分が思ったカタチになりますが、陶芸はどう焼きあがるのかは自分ではどうしようもできないという。そこが面白いなと。もちろんベテランの方だとうまくいくでしょうし、まだ自分は勉強し始めの身ではあるのですが、そういった陶芸の偶然性に身をまかせてみたいと思ったのが陶芸をはじめた理由です。

倉本:陶芸では人体ではなく動物をモチーフにしていますね。この可愛らしい造形はどうやって生み出されたのですか?

池田:西洋っぽいリアリティがあるよりも、民芸品のように日本的な力強い線でデフォルメされたカタチに興味がありました。そういったちょっとゆるい感じの造形がおもしろいなと思ったのと、自分としては動物が作りやすかったっていうのがあります。最初に狛犬が作ってみたかったので、犬から着想をはじめました。それと「ブレーメンの音楽隊」みたいに動物が上に乗っかっているイメージがおもしろいかなと思い、積み上げてみました(笑)。

倉本:彫刻のときと制作する感覚はどう変わりましたか?

池田:彫刻で人体を作っていた時はひとつの塊として粘土で起こし石膏取りして“ひとつ塊”として作っていましたが、陶芸だと窯に入れるので、バラバラに作る必要性がありました。なので、バーツを組みわせるというところは彫刻にはない感覚だと思います。

倉本:民芸品のように動物をデフォルメする魅力をどこに感じていますか?

池田:デフォルメということで言うと、彫刻をやっていた時代は白い中に浮かぶイメージで色彩も抑えながら、人の造形をしっかりと出すためにとにかく細かく作ることに挑戦していました。でも、それを“もういいや”と思ったときの反動もあって、造形も大胆にデフォルメした感じでやっていこうと思ったんです。しばらく作家活動をしていなかった頃に好きになったのが民芸品だったので、まずは自分が好きなものからやっていこうと感じて、今に至っています。

作品一覧