CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

将棋相撲

田中偉一郎

作品概要

制作年
2011年
使用素材
将棋盤・駒
サイズ
400mm(幅)×300mm(高さ)×400mm(奥行き)
販売価格¥150,000(+税)
販売応募期間:2019年9月11日〜10月11日まで

倉本美津留のこれやんコメント

NHKのEテレ「シャキーン!」の“ストリートデストロイヤー”でも知られるアート界の有名人、田中偉一郎さん。「将棋相撲」は、将棋の戦わせ方を一瞬にして変えるという、田中さんらしいアイディアとユーモアに溢れた作品です。将棋の駒の数や相撲を取る人の造形の大きさを踏まえながら、こういう風になるという閃きと、それを形にしていくというスピード感に田中さんらしさを感じる作品です。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:田中さんは僕と同じように、笑いとアートの中間の感覚とすごく近い作品があるな、と思っていました。それで田中偉一郎という名前を覚えて……というか“偉一郎”という名前自体がおもしろいなと思っていて。これって芸名ですか?

田中:いや、本名です。おじいちゃんに付けてもらいました。

倉本:そうなんや! 作風とも近いというか、やっぱり名は体を表すということを再認識しました。ところで、アーティストになった経緯はどんなものでしたか?

田中:これをやると人はウケるなって思うのって、幼い頃に誰にでもあるものですが、僕の場合はそれが顕著に多いタイプでした。例えば小学校の頃に壊れたキーホルダーの鎖だけを学校の机にくっつけて、“机のキーホルダー”って言うとウケる、みたいな。つまり、その場でのやりくりがその時の場を作り出すのが面白いと思っていて。それがきっかけでアーティストになったというよりは、そういう“ウケる”っていう状態が日常にないのが嫌で、それだけは捨てたくない気持ちがありました。で、そんなことを続けるうちに“これは金にならんな”と思っていたら、現代美術を知って、昔からこういうことをやっている人がいて、小さいながらにもマーケットがあることも分かって、救ってもらった感じがしました。そんなみんなに“ウケる”ようなこと。それをずっと続けていたらこうなりました(笑)。

倉本:“机のキーホルダー”のように概念をシンプルなまま、すっと変えるとみんな驚いたりしますよね。

田中:ええ、みんな何かを盛り込もうとするのですが、盛り込まない方が器そのものがあらわになりますし、突っ込みやすいものになりますね。だから、アイディアがひとつできたら、それだけをカタチにしています。あと、閃いたものを作品にするスピード感は重要視していますね。実はみんな、話していることは面白かったりするけど、それを実際にやるってことはしないんですよね。だから次の日にやってみたら、めちゃくちゃ面白いのになっていつも思います。だから面白いなって思ったことは、とにかくやってみています。

倉本:アイディアが枯渇したりすることはないんですか?

田中:はい、“そんなことないだろう”って言われたりもしますが、尽きることはないです。

倉本:子供の頃から癖がついてるんでしょうね。むしろそれが日常というか。

田中:そうですね。だから新しい人に会うと“ブワッ!”と出てきます(笑)。ですので人に会ったり物を見るのが好きですが、逆に何にも無いのも好きで、何にもない場所とか何にも無いと感じる時間があると、そもそも世の中はつまらなくて娯楽も少ないなから“自分で作らないと!って思えるんです。ですから、何にもない状態も日頃から意識するように心がけています。

作品一覧