ARTIST SCHEDULE展示情報
SPECIAL特集
EVENTいんすぴ
CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

space

荒井雅美Masami Arai

作品概要

制作年
2020年
素材
杉材、顔料
サイズ
120mm(幅)×170mm(高さ)×60mm(奥行き)
販売価格¥44,000(税込み)

これやんの作品コメント

木彫を主体に金属や版画、コラージュなど、分野を超えて制作する彫刻家の荒井雅美さん。こちらは木材の形状から家をイメージして作られた作品。荒井さんとって家はたまに作りたくなるモチーフとのこと。真ん中にある大きな窓のような造形が印象的ですが、ここにも荒井さんの表現の根っこにある映画のスクリーン的な表現を感じます。四角の窓から何かが始まるようなイメージもありますね。
購入フォーム

STORY

これやん:荒井さんの作品は半立体的な作風ですね。

荒井:もともとレリーフ的なものが好きで、平面が立体になる瞬間というかそういった中間的な表現が好きです。というのも、私は幼い頃から映画が好きで、彫刻で映画的な表現ができないものかと考えていました。映画のスクリーンは平面ですがそのなかで立体的な広がりを演出したり、時間の流れがあったりするじゃないですか。そういうことを試行錯誤するうちに、自然と平面と立体の中間的な表現になっていったんだと思います。

これやん:なるほど。映画のスクリーンのようなイメージと言われると、杢目を生かした着彩なども腑に落ちます。あとは顔の表現で横顔が多いのも特徴的ですね。

荒井:人物だと私は横顔が好きで、キマっている横顔を見ると何だか作りたくなるんです。

これやん:木彫の作風だけでなく、ワイヤーを用いた作品もありますね。

荒井:ワイヤーの作品は最近はじめたもので、きっかけはとあるギャラリーでの展示でした。その場所は立体の展示が難しく壁に掛けられる作品でないと飾れなかったんです。これはどうしたものかと思い、もともと金属を使った作品も作っていたのでワイヤーを使ったら壁にかけられる作品ができるかなと思って作りはじめました。

これやん:作風は木彫とはまったく違いますが、半立体という点で見ると共通していますよね。

荒井:結果的にはそうなっていますよね。ただの平面ではなく、そこから何かが出てきそうな感じが好きなんです。何度も巻き付けたり、飛び出してみたり、丸めてみようとか、そんな風にして作っています。私は伝えたいことを意図して作品を作ることはないです。作品を見る人の見方や楽しみ方に合わせて、自由に楽しんでもらえたらと思っています。