CONTACTお問い合わせ

flash

小野川直樹

作品概要

サイズ
高さ36cmx幅37cmx奥行25cm
制作年
2018年
使用素材
折り鶴、ミクストメディア
販売価格¥864,000(税込み)

倉本美津留のこれやんコメント

アートのTV番組「アーホ!」で、面白いことをやっている若いアーティストを探していたときに、“これや!”って、ピンときたのが小野川君。この作品は盆栽のような宇宙感がある。まるで紅葉や桜を見たときに感じる、自然の美しい造形を見たときのような感動が、この作品からも感じられるね。

STORY

倉本:確か、幼い頃におばあちゃんと一緒に折り鶴を折っていたんだよね? そういうものが世代をこえて受け継がれていくのは素晴らしいなと思った。

小野川:はい、幼稚園の頃から折り紙が好きで、自分のなかでも核になるものだったので、それを使ったものづくりができないかと思って始めました。

倉本:何であんな小さい鶴にしたん?

小野川:小さいほうが自分としては作品を作りやすかったし、もともとミニチュアのプラモデルとかも好きだったんですよ。最初の頃は2cmくらいの紙を折っていたんですが、最近はもっと小さくなってきました。

倉本:鶴っていうモチーフが普遍的なものだし、そこが良いよね。

小野川:はい、人にとって普遍的だと思えるものを作品にしたいと昔から思っていました。折り鶴も子供の頃に誰もが一度は通ったものだから、それに対する個々の気持ちもあって、木もまた同じだと思っていて……そうやってどちらも普遍的なテーマのものだから、見た人が入り込みやすいのかなとは思います。

倉本:「flash」には人が紅葉や桜を見た時に感じるような……自然を美しい造形を見たときのような感動があると思う。

小野川:僕にとっては自然からのインスピレーションが一番多くて、絶対にそれは超えられないと思っているんですが……それを超えたいと思う自分もいて。そういう部分を作品を見たときに、感じ取ってもらえたら嬉しいです。

作品一覧