CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

牛乳石けん 青箱

落合翔平

作品概要

制作年
2019年
使用素材
画用紙、鉛筆、ペン、色鉛筆
サイズ
730mm(幅)x548mm(高さ)x24mm(奥行き)※額込み
販売価格¥150,000(+税)

倉本美津留のこれやんコメント

「星野リゾート×avex CREATORS WALL」のグランプリを受賞した気鋭のクリエーター、落合翔平さんがこれやんに初登場です。こちらは「牛乳石鹸[青箱]」のパッケージをモチーフに、落合さんのフィルターを通して表現した作品です。サインペンで描きすすめたという作品はとてもエネルギッシュ。ある意味では無個性とも言える既製品のデザインを、描き手の個性をもって描くという発想が面白いですね。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:どんな経緯でこういう作品を描くようになったんですか?

落合:もともと美術大学でプロダクトデザインを専攻していましたが、画を描く方が好きで、グラフィックデザインに画で勝ちたいなと思っていました。あとは電車を描いたり、芸能人の方を描いたりもしています。

倉本:大学を出てからも画を描いていたのですか?

落合:お笑いが好きで、吉田正樹さんの事務所に弟子入りしたのですが、あまり向いていないと思い、働きながらもずっと画を描いていました。そのうちに公募などで作品を出していたら、2020年に「星野リゾート×avex CREATORS WALL」でグランプリを受賞しました。このコンテストはテーマになる写真があったので、それをそのまま描こうと思って制作しました。

倉本:モチーフはプロダクトデザインが施された既製品ですね。

落合:はい、僕は頭に描きたいイメージが浮かんだりするタイプでもないので、すでに世の中にあるモチーフを何度も描くのが好きです。描きたいと思うモチーフは、レトロっぽい雰囲気があるもの。基本的に自分が見たものを“元気に”描いています。

倉本:すでにあるものを描いているからこそ、独特のタッチが印象に残ります。

落合:美大でデッサンもやったりしましたが、あまり上手くなかったのでタッチや個性で勝負するしかないなと。あとはチープな画材を使ってやりたい気持ちがあります。筆跡が残っている感じが好きで、絵の具だと筆跡が残りにくいこともあるので、鉛筆とサインペンを使って描いています。字体は読めるか読めないかギリギリのところを狙っています。最近はちょっと崩し過ぎていて、読めなくなっていそうで怖いですね。

倉本:モチーフを崩す意識があると思いますが、それと同時に気持ち良さを重視している感じもありますね。

落合:フリーハンドで描いてはいますが、けっこう直したりしながら、自分が思う“良い線”を求めています。ただ、どんなときでも強く描いてしまうので、消すのが大変でたまに破れてしまって紙を貼ったりもしています……。

倉本:それにしても、エネルギッシュに描いていますね。

落合:銀杏BOYZの峯田和伸さんが大好きで、彼の音楽のようにパワフルな画を描きたいなと思っています。

作品一覧