CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

文明の痕跡

姉咲たくみ

作品概要

制作年
2018年
使用素材
木パネル、画用紙、ペン
サイズ
257mm(幅)×182mm(高さ)
販売価格¥60,000(+税)

倉本美津留のこれやんコメント

一風変わった近未来的な建築物を細密なペン画で表現する姉咲さん。「文明の痕跡」は“旅”をテーマに、人類が消え去ったあとの世界を描いた作品群の一枚です。建築家が作る設計図のようでもあり、それでいてぶっ飛んだ感じの建物が出てくるという意味でも、まるで未来都市のような印象を受ける作品です。
購入応募フォーム

STORY

倉本:姉咲さんは建築系の学校を出てからアーティストとして活動していますが、ペン画はいつ頃から始めたのですか?

姉咲:大学4年生の頃で、当時は色を使ってかわいい絵を描くのが流行っていたのですが、その流れに反旗を翻す形で黒いペン一色でダークな世界を描こうと思い、それを追求するようになりました。それまではペンで植物を描いていましたが、大学院に入る頃に都市をもっと描きたいと思うようになり、今はこんな感じになっています。

倉本:どんな着想でこういう画風になっていったのですか?

姉咲:僕はロードムービーが好きで、ずっと壮大なロードムービーような作品が描きたいと思っていました。今は“旅”をテーマにしていて、人類がどこかに消え去ったあとの世界を描いています。先にストーリーの内容を考えてから描いていて、絵の中に出ている人物はすべて人造人間で、彼らがどこかへと消えた人類を探しに行くというストーリーになっています。

倉本:話を聞いていると、まるでSF映画みたいですね。

姉咲:SF映画も好きですね。子どもの頃に父親が「スターウォーズ」を観に映画館へ連れてってくれて、それからはずっとスターウォーズの絵を描いたりしていました。だから映画からはけっこう影響を受けています。最初に絵を描き始めた頃は、自然の風景を描いていたのですが、学校を卒業した時に何をやろうかな、と思っていたタイミングでいっぱい映画を見ていて “これだ!”ってなりました。

倉本:作品内の建物はパッと見ると不思議な造形ですよね。それでも建築的には理に適ったりしているのですか?

姉咲:いや、理に適ってはいないです。建築を学びこういう建物が出来ないことも知ってはいるのですが、こんなの現実だと絶対に無理だけど、絵で描くならできるじゃんって思って描いています(笑)。

作品一覧