CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

球形花序

織田隼生

作品概要

制作年
2019年
使用素材
鉄、溶接棒
サイズ
80mm(幅)×80mm(高さ)×80mm(奥行き)
特筆事項
金属素材のため、水気のない場所でご鑑賞下さい。
販売価格¥100,000(+税)

倉本美津留のこれやんコメント

「金沢工芸展」にて受賞経験を持つ織田隼生さん。今回お持ちいただいたのは加工が難しい鉄という素材を用いて、植物の緻密な造形を球体として表現した作品。一枚一枚の花びら、葉っぱの精度の高い造形にも驚きますが、フタを付けて箱の意味合いを持たせることで“見立て”としても捉えられる一品。工芸の優れた技術力とアートとしての魅力を合わせ持っています。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:硬い鉄を使ってこのように繊細な作品を作るようになったのはどんな経緯でしたか?

織田:もともとアクセサリーが好きだったので、武蔵野美術大学で金工を始めたのですが、いざやってみると結局“ジュエリー”の世界になってしまい、そうなるとあまりやる気が起きなかったです……(笑)。それよりも家に飾れるもので、自分で理解ができて作りやすいものってなんだろう?と、いろいろやっていくうちに今のような作品になっていきました。

倉本:アクセサリーというとキラキラしたイメージなので、今の作風とはギャップがありますね。それに鉄の加工というのは難しいものだと思います。

織田: 嗜好は少しずつ変わっていきましたが、コツコツやるのが好きで、硬いものを叩いたり削ったりして加工する作業自体が好きです。鉄は硬くて加工がにしにくい素材ですが、柔らかくて歪みやすい銅と比べると安定性にも優れるので、手を加えた造形がそのまま残ります。この「球形花序」という作品だと、基本的に一枚一枚ハサミで切って、5種類くらいの金槌を使って叩いてアールをつけて成形します。もちろん非常に硬い素材なので、手が痛くなります(笑)。でも、 やってるときは楽しいんです。で、作り終えてからあとで振り返ると“これよく頑張ったよなあ”って(笑)。パーツはひとつずつ作って溶接するので、その瞬間瞬間の作業というのはそこまで大変ではないと思います。初めの頃は溶接のとき、鉄は熱くなっても見た目が変わらないので初歩的な火傷をしょっちゅうしていました。

倉本:非常に細密な作風ですよね。鉄という素材を使い、植物の特徴をそのまま再現していることに驚きを感じます。

織田:細かく密集した造形が好きなので、花や植物に興味がありました。今のような作風は大学院の頃から作り始めましたが、最初は造形的にも変わった植物に魅かれていました。でも、今はもっと分かりすい花にしたいなと。“何の花?”と聞かれて説明しにくい種類よりも、わかりやすいものを思いっきりデザインしたいと思っています。 密集していて細かな部分まで一個ずつが綺麗なものが好きなので、まずサンプルで花びらを一枚作ってみて“これだ”と思ったら、それをいっぱい作ってみる。パーツにこだわりがあるというか、細かく見るほどに良くできていて“すごいな”っていうものが好きなんです。もちろん細かいディテールを再現するにも限界があるので、人間にしかできないフォルムとしてある程度デザイン的な処理をして、その上で緻密に作り上げています。

倉本:綺麗な球体になっているのも特徴的ですが、作品にはフタのようなものが付いていて取り外しできるというのは、どういう意味があるのですか?

織田:一応箱状になっています。お茶の世界の話になるのですが、千利休が“見立て”と呼び、本来お茶道具ではないものをお茶道具として使用する文化が日本にはあり、それをこの作品にも生かしています。実際箱としては使えないものであっても、そういう想像力を持って見れば、蓋があって、手にとって楽しめる道具になっているという。

倉本:そう言われると、織田さんの作品は茶道の世界観に通じるものがあるような気がしますね。

織田:現代アートは表現したいコンセプトに対して作品をどう作るかですが、工芸は素材と文化の中で培われてきた技法が先にあり、次にどう表現にするかという順番なんです。僕の作品は自然の形態から様相を抽出していますが、“これで何を表現したいのか?”と言われると、少し困ってしまいます(笑)。でも、作品を観てくれた人がそれぞれの感想を抱いてもらえるような作品でありたいなと思っています。それもあって、このように蓋をつけて、中に何かを入れるものとして見立てるということをやってみました。

作品一覧