CONTACTお問い合わせ

団扇海老千手観(全紙サイズ)

うつゆみこ

作品概要

制作年
2016年
エディション
1/7
使用素材
Type C Print
サイズ
額/646mm(高さ)×559mm(幅)
プリント/559mm(高さ)×470mm(幅)
販売価格¥199,400(税込み)

倉本美津留のこれやんコメント

出会ってないものを出会わせているって言う感じというか、そういう意味ではシュールレアリスムのデペイズマンのように、一緒にいるはずのないものが一緒にいるみたいな、感覚とも通じる作品。もしかして千手観音って、このエビがモチーフだったんじゃないかなって、逆に思ってしまうくらいのヒット感!

STORY

倉本:僕は普段からアートと笑いを架け橋にする意識を持っていて、うつさんの作品を見たときにその感覚にすごく近いと、勝手に思っていたんです。こんなことを言われたら、腹立つって言われるかもしれないけど(笑)、笑えるのもアートの価値のひとつだと思っていて。一番最初にタコの貴婦人の作品を見たときに、僕にとっての褒め言葉である“何やってんねん”っていう、言葉が出てきました(笑)。インパクトがあって、誰もやっていない手法だと思ったんです。

うつ:食べ物を作品に使うとバチが当たるみたいな考えが日本にはあって、それがまずひとつのタブーですよね。それにヨーロッパはキリスト教をいじったりするのは、宗教観がしっかりある人には受け入れられない。でも、私にとってはいろんな神様が面白いというか、単純にビジュアルとしてしか見てないので、失礼なことでも平気でできちゃう。だからツッコミを入れやすいのかもしれないです。

倉本:その興味の持ち方が幼児の感覚だと思うんです。褒め言葉ですよ(笑)。意味づけや論理の前に、面白いからやっちゃおうっていうね。それと、食べ物に違う価値を見いだして、写真として作品化しているという感じもあります。

うつ:食べ物というのは、見る人がその物に対して、普段の生活の中で体験を積んでるので、身近に感じてもらえるんだと思います。あと、父がその辺にいる虫をとりあえず捕まえてきて飼っていて、私も同じようなことをしていました。それもあって、食べ物を生き物として捉える癖がついているんだと思います。あと、生き物の形そのものが美しいと思っていて、それをそのまま残すには写真しかないなと。例えば、虫もなるべく殺さないように、生かしたまま撮ろうと思っていて。撮影しているときも虫たちと会話しながら撮っています。

倉本:自然のものと自然にコラボしているから、作品に力があって、無理矢理感がないんやろうね。“ウチワエビ千手観音”はどんな風にしてできた作品なの?

うつ:ウチワエビという海老はマルイで買いました(笑)。最初は表面を撮影していたのですが、裏返した時に驚いてしまって。顔と脳みそが出ているようなディテールがもう、私にはエイリアンにしか見えなかった。手もいっぱいあるし、これはもう千手観音とコラージュさせるしかないなと。それで観音様の写真集の上にガラス板を載せて、そのままエビを置いて撮影して、最後に蒸して食べました。

倉本:食べるっていいよね。そうやって最終的に自分の作品を肉体に取り込んでいるんや。

うつ:別にえびは面白くなろうと思っていないし、単純に機能的にそうなってるんでしょうけど、人の目線で見ると面白い。そんな生き物の形の偶然の面白さを感じてもらいたいですね。

作品一覧