CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

Recalling places 27

大河原愛

作品概要

制作年
2019年
使用素材
ミクストメディア(紙に墨、パステル、他)
サイズ
サイズ:245mm(幅)×355mm(高さ)/イメージ
423mm(幅)×545mm(高さ)/額
販売価格¥60,000(+税)
販売応募期間:2019年10月23日〜11月23日まで

倉本美津留のこれやんコメント

社会の不条理を独創的な人物画で表現し、世界からも注目される現代美術家の大河原愛さん。「Recalling places 27」は蜜蝋を混ぜた絵の具とドローイングに加えて、転写技術を用いるなど、画材の研究が熱心な大河原さんらしい作品です。ザラついた質感とぼかしたように描かれた人物が、モダンで前衛的な雰囲気を醸し出しています。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:大河原さん独特のアヴァンギャルドな画風に至った経緯を教えてもらえますか?

大河原:大学の授業でヌードデッサンを描くうちに、人間を描く面白さに気がつきました。人間の外面を描いてはいるのですが、精神性とか内面を描きたいなというふうに至りました。

倉本:なるほど、その頃に基礎を叩き込まれた感じは画からも伝わってきます。人間の肉体や骨格をしっかりと学んだ果てに、内面が出てきている作風なので、深い感じがします。

大河原:題材の面では私が小さい頃に、両親が私に広島や長崎に連れて行かれたときに、悲惨な人類史を見せられた影響もあって、人間の美しさだけではなく、生の感覚を出せるといいなという気持ちもベースにありますね。ですから、私の絵は鎮魂のイメージもあって、体の一部が隠れているのにはそういった背景があります。

倉本:そこに根底があると聞くと、作品のメッセージ性もより増しますね。

大河原:大学院を出た頃、NYに住んだ時期があって、アメリカは電車で大声で話してたり、良くも悪くもマナーを守らない方も多くて(笑)。その一方で日本はマナーも行き届いて綺麗ですが、常識に囚われたり、社会的な抑圧感があって少し生きづらさを感じることもあって。この作品で口が隠れているのは発言しづらい抑圧感を表しています。絵の人物のブレも自分の存在や価値が見出しづらい時代なので、その辺りをもっと表現したいなと思っています。既成概念に捕らわれていることや、そういう目に見えない呪縛みたいなものをテーマにしています。

倉本:作品で見られる縦線の表現が面白いですよね。絵をぼかしたり、崩している部分は後からやっているのですか?

大河原:最初から崩して描きつつ、そこをさらに崩していますね。目の部分は最初はもう少しリアルに描いていました。描き起こしたり変えたりというのを繰り返しています。蜜蝋を混ぜた絵の具を紙に置いて、その上に黒をかけて、削って、その上に違う紙をあてて、裏から転写させて、その上にドローイングで描いています。

倉本:画材の研究もされているんですね?

大河原:ええ、すごくこだわって研究していて、色んな素材を見つけては子どもみたいにワクワクしています(笑)。

倉本:ワクワクしながら作品が作れるのは楽しいですね! 絵画には発明という側面もあって、新しい使い方をどんどん開発していくことはとても大事ですよね。

作品一覧