CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

細雪

木村浩之

作品概要

制作年
2016年
素材
和紙、岩絵具、墨、胡粉、雲母
サイズ
297mm(幅)×420mm(高さ)
販売価格¥132,000(税込み)
販売応募期間:2021年5月5日〜6月5日まで

倉本美津留のこれやんコメント

相撲に特化した日本画を描き続けるアーティスト、木村浩之さんがこれやんに初登場! 色彩を用いた力士の肖像画シリーズの作品をお持ちいただきました。雪景色に赤の和傘を差したお相撲さん描いたこの作品は、季節感を取り込むことで日本の美しさを伝えています。もうひとつの木村さんのシリーズでもある墨絵による躍動感とは打って変わって、凛とした力士の表情、細やかな着物の模様などから、木村さんの繊細な表現力を感じます。
購入応募フォーム

STORY

倉本:木村さんは相撲にまつわる絵を描き続けていますが、そのきっかけは何でしたか?

木村:大学で日本画を専攻したときに、伝統的なモチーフよりもシンプルに自分が好きなものを描きたいと思い、プロレスを中心を描いていました。卒業する頃にもう少し日本的文化のあるモチーフを描きたくなり、そのなかでも肉体をともなった動きのあるものが良いなと思って、自然と幼い頃から好きだった相撲へ辿り着きました。自分の作品を世界に発信していくうえでも、日本的なルーツを持っている相撲はモチーフとしても分かりやすいですから。

倉本:どのように力士を描きはじめたのですか?

木村:いろんな相撲部屋を回り、受け入れてくれそうな部屋に足繁に通いました。電車に乗って部屋へ行き、朝稽古を二時間ずっと描かせてもらうという日々を過ごしました。朝稽古は基本的に動きっぱなしで、力士の動きがとても早いんです。最初のうちはその瞬間の動きを描こうとしても、上半身の途中までしか描けずに終わっていました。それでも毎日、力士を見ながら墨筆を動かすことで、手が組み手や動きを覚え、その瞬間を見て全身を描けるようになりました。

倉本:稽古を描くのも修練の賜物なんですね。普通なら写真を撮ってあとから描こうと思うところを、その瞬間に向き合って捉えにいったという。

木村:それができるようになったのは単純に描いた枚数です。これまで朝稽古で描いた半紙は全部とってありますが、二万枚を超えていました。そのおかげで、自分の絵は人の身体の動きを表す描写に特化できたと思っています。でも、そのうちに描くだけでは物足らなくなり、“自分も(相撲を)やらせてくれ”となって、朝稽古に参加するようになりました。それから相撲クラブに入門し……今ではどちらかというと、人に相撲を教える立場にあります(笑)。

倉本:(笑)。本当に相撲一筋な木村さんですが、改めて相撲の魅力をどこに感じますか?

木村:相撲を取る人と近くで接していると、彼らは毎日地味な稽古をくりかえして身体を鍛え、作り上げていることが分かります。身体は1~2年でできるものではなく、7~8年……と、時間をかけて肉体を作り上げる過程が面白いんです。もちろん、その境地まで達しない力士もいるなかで、そこまで辿り着いた力士には圧倒的に輝く瞬間があります。そういう力士を間近で見たときは感動しますね。

倉本:木村さんの作品には、力士の組み手のしなやかさが表現されていますね。

木村:力士の組み手は普段の私達の生活のなかにはあり得ない動きがあって、そこは描くうえでの面白さを感じるところです。力士を描き続けていてもマンネリにならず次に繋がるというか、常に新しい展開を自分のなかで生み出せているというのも、相撲文化の奥深さなのだと実感しています。

作品一覧