CONTACTお問い合わせ

帰港 101

山田勇魚

作品概要

制作年
2019年
使用素材
エポキシ樹脂、サンゴ砂、プラモデル
サイズ
210mm(幅)×70mm(高さ)×50mm(奥行き)
販売価格¥162,000(税込み)

倉本美津留のこれやんコメント

これまで見たことのないオリジナリティに溢れた造形! 山田さんが九十九神を作品を経て辿り着いた造形は美しくもあり、沈没船を抱いた魂のようにも見えるクジラが、空を飛んで故郷へ戻っていくようなファンタジーを感じます。そして何よりも、勇魚(くじら)がクジラを作っているっていう、ここまでコンセプチャルな人生を送っている作家さんを、僕は他に知らないです!
SOLD OUT

STORY

倉本:山田さんのお名前の“勇魚”はクジラって意味で、しかも本名なんですよね? その山田さんがクジラの作品で世に出てるとはびっくりしました。てっきり作品ありきのアーティスト名だと思っていました。

山田:端的に言うとそうなります。父がつけた名前ですが、CWニコルさんの「勇魚」っていう本が由来になっています。クジラのように国境を超えて世界で活躍する人になってほしいという意味もあったみたいです。今となっては、けっこう名前に助けられているところもあります。

倉本:東京藝術大学を出られていますが、どんな風にして今の作風に辿り着いたのですか?

山田:藝大のデザイン科で学ぶうちに、作家として自分にとってのテーマが必要だと思ったときに、僕はもともと物を捨てられなくて、捨てられるものが可哀想と感じる気持ちがあって。で、それについて調べてみたら、日本には川や山だけでなく、長く使った生活用品にも神が宿る“九十九神”という概念を知って。そのイメージを作品にできたら面白いなと思い、双眼鏡のレンズが目玉になっていたり、電話の受話器が耳と口になったりと、道具が体の機能を拡張する感じで、本物の道具を用いつつ、生き物っぽく作り変えた作品を作っていました。

倉本:なるほど。今説明してもらった九十九神とは違い、この”帰港”シリーズは沈没船が中にあって外をクジラにするという造形で、これまでに作ってきた作品の作り方とは違うようにも感じます。

山田:大学院の修了制作で、自分の名前が“クジラ”であることと、今までやってきた九十九神をテーマにして何かできないかと思い、それで沈没船がクジラの姿になって、自分の港へ帰るストーリーをひらめきました。ちょうどその頃、アルバイトでアメの模型を作っていたのをきっかけに、透明の樹脂を使えば物自体は昔の姿で見られて、遠くから見たらちゃんと生き物にも見える造形ができる。それならジオラマ的に沈没した姿を模型内に入れられるし、接地面には砂を入れたらいい……と、いろんなアイディアがつながり、この形状へと辿り着きました。

倉本:なかに入っているものは軍艦ですよね? ここにはメッセージ的なものも込められているのですか?

山田:やっぱり日本で沈没船といったら軍艦なので、太平洋戦争で沈んだ船をイメージして作っています。メッセージ的なものとしては“戦死者の魂”と言われたりもしますが、この作品はあくまで“物”であって、日本で作られたものがどこかの海中で沈んでしまい、それが故郷に帰っていくというテーマなので政治的な意味合いは入れていません。ただ、見た人がどう感じるのかは、その人の自由だと思っています。

倉本:これから先、このシリーズはどんな目標がありますか?

山田:やっぱり本物を入れたいなと思っています。

倉本:クジラ?

山田:沈没船です。

倉本:めちゃめちゃでかいやん! 数年かかったとしても、そこを目標にやってもらうことに期待したいですね。

作品一覧