CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

清水寺

安東和之

作品概要

制作年
2015年
サイズ
B1サイズ
使用素材
ハンコ、紙
特筆事項
スーパーハンコアート
販売価格¥140,400(税込み)

倉本美津留のこれやんコメント

この清水寺は、僕のなかでは富士山を“山梨”ってハンコで押した作品と対をなす風景画で、大好きな作品で、作品を観る距離で印象が全く変わります。だって風光明媚な清水寺の景色が、近くで見たら清水さんの捺印だらけやったという、僕が重要視しているアートと笑いの橋渡しが完全にできている。素晴らしいと思います。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:安東君の作品は、ハンコという縛りのあるなかでいかに意外性を持たせるかという部分に、僕の考える“大喜利の感覚”があって、それが分かりやすく同居している。そもそもハンコで作品を作ろうと思ったのは何がきっかけだったの?

安東:僕は絵がそんなに上手いわけでもないし、倉本さんが言ったように何かをヒネリを加えて、面白い作品を作りたいと思っていました。そんな時にふと、“ハンコをいっぱい押した作品だったらどうだろう?”って思い付いたんです。ちょっとアホっぽいけど、極端にたくさんハンコが押されていたら、見た人が“おお~”ってなるんじゃないかなって。

倉本:ひとつの作品で何回くらい(ハンコ)押したことあるの?

安東:あんまり数えたことはないんですけど、一番大きな作品でおよそ10万回です。

倉本:どんだけ(ハンコ)おしてんねん! やっぱりアートは制作に時間をかけて、それを肉体的に乗り越えていく努力が大事。ハンコを使った表現力も技術力も素晴らしいし、何よりもオリジナルのハンコを作って制作するところが面白いね。

安東:そうすることで作品の二重性の意味を持たせられるんです。遠くでみるとまずビジュアルに目が行きますが、作品に寄った時はハンコの文字を読んで意味が分かるという。

倉本:この清水寺は、安東君の作品のなかでももっとも好きな作品です。

安東:僕は作品が完成して展示されるまで、作品を離れて見ることってほとんどなくて、この作品もそうでしたね。離れた位置で出来上がった作品を見て、あ、下のほうがちゃんと木っぽく見えるなっていう。こういう風景画のほうが作品に近づいたときに何だかよく分からない感じになりますが、距離を置いたときに見えてくるものとのギャップは大きくなりますね。

倉本:僕は安東君の風景画作品がすごく好きやねん。ぜひ次は、原爆ドームを“平和”ってハンコでやってみてよ。で、これやんで販売させてもらえたら。

安東:それ、いいですね。作ってみます。

作品一覧