CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

ずっと好きだった

安東和之

作品概要

サイズ
A4サイズ
作品制作年
2018年
使用素材
ハンコ、紙
特筆事項
スーパーハンコアート
販売価格¥54,000(税込み)

倉本美津留のこれやんコメント

作品を見た人をハッとさせる魅力があるね。ハンコでここまで立体的な絵画表現をする技術力も素晴らしいし、ハンコの言葉と絵に関係性があるのがすごく面白い。この作品は“にわか”という言葉とラグビーボールを使うことで、社会へのニヒリズムを感じさせながらも、見た人をニヤっとさせる笑いを含んだ作品やね。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:安東君の作品は、ハンコという縛りのあるなかでいかに意外性を持たせるかという部分に、僕の考える“大喜利の感覚”があって、それが分かりやすく同居している。そもそもハンコで作品を作ろうと思ったのは何がきっかけだったの?

安東:僕は絵がそんなに上手いわけでもないし、倉本さんが言ったように何かをヒネリを加えて、面白い作品を作りたいと思っていました。そんな時にふと、“ハンコをいっぱい押した作品だったらどうだろう?”って思い付いたんです。ちょっとアホっぽいけど、極端にたくさんハンコが押されていたら、見た人が“おお~”ってなるんじゃないかなって。

倉本:ひとつの作品で何回くらい(ハンコ)押したことあるの?

安東:あんまり数えたことはないんですけど、一番大きな作品でおよそ10万回です。

倉本:どんだけ(ハンコ)おしてんねん! やっぱりアートは制作に時間をかけて、それを肉体的に乗り越えていく努力が大事。ハンコを使った表現力も技術力も素晴らしいし、何よりもオリジナルのハンコを作って制作するところが面白いね。

安東:そうすることで作品の二重性の意味を持たせられるんです。遠くでみるとまずビジュアルに目が行きますが、作品に寄った時はハンコの文字を読んで意味が分かるという。

倉本:この作品は“にわか”っていうハンコで、ラグビーボールを描いているけど、どういう意図があったんかな?

安東:過熱するラグビー人気を見ていて“そんなに(ラグビーのこと)好きな人っていたんだ?”って思って。もちろん別にそれでいいんですけど、僕としてはちょっとそう感じるところもあったので、こういう作品になりました。

倉本:だから笑いを含んだ作品になるんや。

安東:そうですね。僕が言葉や文章では言えないようなことを作品にして、笑ってもらって、柔らかい気持ちになってもらう……それが僕のアウトプットの仕方なので、まずは作品を見て楽しんでもらえたらと思っています。

作品一覧