CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

Emotional Virus

広垣彩子

作品概要

制作年
2019年
使用素材
ガラス棒、ミクストメディア
サイズ
110mm(幅)×120mm(高さ)×110mm(奥行き)
販売価格¥90,000(+税)

倉本美津留のこれやんコメント

国際ガラス展での大賞経験もある広垣さんは、棒状のガラスを用いて個性的な作品を作っています。今回紹介するのは“エモーショナル・ウイルス”というシリーズの作品で、喜びや悲しみなどの感情を独特のフォルムで表現しています。密集する細い棒状のガラスが物体と空間の境界線を曖昧にしていて、まるで空間に漂うウイルスのようにも感じられる不可思議な作品です。
購入応募フォーム購入応募フォーム

STORY

倉本:2018年のアートフェア東京で、1番最初にグッときたのが広垣さんの作品だでした。すごく不思議な感じがして、どんな素材で作っているかもよくわからへんし、見たことないようなものだったんです。広垣さんはガラスの専門学校を出ていますが、ガラスを好きになったのはどんな経緯でしたか?

広垣:物心ついたときに、海の浜辺に落ちているシーガラスに見て感動したのがきっかけですね。最初はただの石ころだと思って拾ってきたものが、水に触った瞬間に透明になって“なんだこれは!”と、衝撃を受けました。それからガラスと言う素材に惹かれて、その頃から将来はガラス作家になろうと思っていました。最初は吹きガラスの作家になるつもりでしたが、学校に入って学んでいくうちに、どんどん違う方向にいきました。

倉本:この作品はウイルスを表しているんですよね?

広垣:はい、エモーショナル・ウイルスです。“もし自分の感情がウイルスのせいだとしたら”というコンセプトです。感情って人から人へ移ったりするじゃないですか? 例えば隣で悲しんでいる人がいて自分も悲しい気持ちになったら、それって感染してるのかなって思っていて。科学的には実証されてはいませんが、何かあるんじゃないのかなって。

倉本:感情の感染! でもそれは絶対にあると思います。

広垣:ポジティブなものから悲しいものまで、いろんなウイルスがありますが、それをガラスを用いて作るのが面白いですね。それと形状の実験もしたくて、いろんなフォルムのバリエーションで感情を表現してみようと思っています。喜びも悲しみもどれも大切なもので、私は感情のように人から生まれるものに興味があります。

倉本:ちなみにこの作品は喜び? 悲しみ? どちらのウイルスですか?

広垣:この作品はそのどちらでもなくて、体と心が合わさった形……みたいなものになっています。憎しみとか悲しみのウイルスになると、もうちょっとそのイメージに寄せて作ったりもしますが、これはかなりナチュラルでベーシックな作品です。

作品一覧