CONTACTお問い合わせ
CONTACTお問い合わせ

KABUKIMON -The ROCK-Mr.JJ

浅香弘能

作品概要

制作年
2021年
素材
大理石、ステンレス、水墨、錫、木
サイズ
260mm(幅)×170mm(高さ)×100mm(奥行き)
販売価格¥176,000(税込み)
販売応募期間:2021年11月6日〜12月6日まで

倉本美津留のこれやんコメント

刀や手裏剣といった日本の武具を石で表現し、国内外で活躍するアーティストの浅香弘能さん。こちらは飾りやすいサイズを念頭に、このサイトのために作っていただいた最新作です。日本刀をモチーフにした“KABUKIMON”は浅香さんの代表的なシリーズです。小型サイズでの強度を踏まえて、ステンレスの板を削り出した深紅の刃が目を引きます。大理石の髑髏には水墨で牡丹が大胆に描かれているほか、台座には溶かした錫で鋭角なフォルムを作ったりと、固定概念に囚われない“ロック”な雰囲気を持った作品です。
購入応募フォーム

STORY

倉本:大理石で刃を表現するに至った経緯はどういったものでしたか?

浅香:僕が生まれ育った大阪・堺は刃物で有名な街なので、子供の頃から身近にあった実物の刀や手裏剣が大好きでした。その後、大学で彫刻を学んだときは木を彫りたいと思っていたのですが、陶芸をやられていた先生に“石を彫ったらいいよ”と言われたのがきっかけで石を彫りはじめました。そのうちに自分にしかできないことを考えるうちに、大理石で刀を作ったらどうなるかと思いつき、彫刻は人体が題材であることが多く、武器をテーマにしている人はいないなと。

倉本:確かに前例はないですが、加工が難しい大理石で刀を作るとは、自ら険しい道を選ばれたのですね。

浅香:おっしゃるとおりで、石で刀を作る技術は簡単に体得できるものではなくて、石山から刀にできる素材の石を選び、割って、削りだし、研いでいく……学生時代からおよそ10年間、試行錯誤しながらその技術を磨きました。

倉本:10年ですか! どうやってそんな苦行を耐え抜くことができたのですか?

浅香:精神性ですね。石と向き合うという苦行を越えたとき、自分に何ができるのかと考えたら、これは侍や武士道の精神に近いものだということが分かりました。それからは日々の作業と刀を作りたい欲求がリンクし、自分が思い描く石の刀で、日本の精神性を表現したいと思うようになりました。そんなより身近な存在として手裏剣のモチーフが生まれたのです。これはただの手裏剣ではなくて、遁(とん)術と畳返しを組み合わせています。

倉本:最近では大理石で発砲スチロールを模した作品も作っていますが、刀の作品しかり、そのどれもが人とは違うユーモアがあるところに浅香さんらしさを感じます。

浅香:作品によってもコンセプトは違いますが、自分がやっていることはどれも同じです。誰もやっていないことと、反骨精神を限界まで極めたいということ。作品制作自体はストイックですが、作品を見る人にとって作家の苦労は関係ないと思っているので、楽しんでもらえる作品であることを念頭に制作しています。

作品一覧