日本のことば × 現代アート
Heartwarming Phrases of Japan x Modern Art
INSPI Vol.2-1特設販売サイト
What’s
3月6日(土)〜5月5日(水・祝)
パークホテル東京にて作品展示中!

ごえん(縁)
[Goen]fate/relation/ties/bond

小林真理江Marie Kobayashi

作品概要

素材
紙、アクリル
サイズ
194mm(幅)×268mm(高さ)
特記事項
購入申込みが重複した場合、抽選となります。
予めご了承ください。
販売価格¥71,500(税込み)

作者のいんすぴ

「ごえん」と言う言葉はポジティブで漠然とした意味しかわかっていなかったので、調べて自分なりに解釈したところ、"目に見えない力によって引き寄せられるまたとない巡り合い"ということで、やっぱりすごくいい言葉だと思いました。目にみえないことを言葉に盛り込むのはすごく日本的で。
絵にする時に「またとない目に見えない力」と「巡り合い」をまず別々に考えました。
私の家の前には森があっていろいろな鳥が季節ごとに来るのですが、どうして毎年来るのかなと思い、そこから中島みゆきさんの歌で渡鳥のことを歌っている曲を思い出しました。そこに見えない力がはたらいているように感じて、季節を感じるときにやってくる鳥をモチーフにしました。そして、巡り合いにはいろいろな関係がありますが、夫婦や親子といった相手のいる関係や場所や環境といったこともあります。つがいの鳥が、その枝まで含めて同じ柄だったことで表現しました。この瞬間がまた見えない力によります。この柄がみんな食べ物で世界が繋がっているという表現は私の作品の作風です。
写真だけでは伝わらないことがありますから、絵画を物体としてその存在感を実体として見てほしいです。
購入応募フォーム
作品一覧